So-net無料ブログ作成
検索選択

10月の信州 [信州]

(10月12日の写真)

IMG_3736.JPG
朝日を浴びて威容を誇る戸隠山
オーストラリアのオルガ奇岩を思い起こす色合い


IMG_3831.JPG
日本じゃないみたいな風景です


IMG_2270.jpg
IMG_2269.jpg
光を浴びて輝くススキ


IMG_3853.JPG
風もなくいつもながら絵のような鏡池


IMG_3901.JPG
大きなサルが二匹、樹の上にいてこちらを見下ろしていました。


今年は9月が涼しくて本当に助かりました。
暑さに弱いので、最高気温はいつも気にして、毎日記録しているほど。
記録したからと言ってどうもならないのですが、我慢のならない暑さを記録せずにはおけない!
この数年の暑さは本当にひどくて、関東地方は昨年の9月は、ついに最高気温が30℃を超えない日は一日もありませんでした。ここまで暑さがひどくなるとは誰が予想したでしょう?
9月を秋の始まりと思ってはいけない、9月は夏だ、という覚悟を持たないといけないと、最近は油断しないでひたすら忍耐の気持ちでいる決心しています。

ところが今年は、予想を見事裏切って、ちゃんと、9月でした。
日に日に涼しくなり、たまに暑い日があっても勢いはなく、快適に終わり、
今は一番過ごしやすい10月。
と思っているうちにあれよあれよと、この快適な季節も終わりです。

空気が澄んでいて10月の風景は格別です。

この次の日に台風が来て、戸隠あたりはずいぶんと紅葉も散ってしまいました。戸隠から少し下がると紅葉はまだ始まったばかり。
100mの高低差でもかなり違うものです。

 

nice!(1)  コメント(0) 

初夏の飯綱高原 [信州]

6月は花の移り変わりを楽しめる季節です。

(4月下旬)
IMG_1930.JPGIMG_1932.JPG
雪が消えて真っ先に出てくるのが水仙、それから水芭蕉。

5月、芽吹きの季節がやってきて、山の桜が春の象徴として目をなごませた後は、若葉もどんどん生い茂り初夏の花たちが顔を見せてくれます。


(6月)
IMG_2348.JPGIMG_2346.JPG
白樺とレンゲツツジ。

このツツジのオレンジ色の風合いはとてもきれいですが花の蜜は毒性が強いそうです。

IMG_2353.JPG
柳沢池は相変わらず澄んでいて、水に映る風景の方がくっきりして見えます。
この池には2組のマガモが泳いでいました。
いい場所に住んでいます。


(6月中旬)
IMG_2375.JPG
タニウツギ

道路脇によく見られ樹高は2〜5m。これはまだ小さな木ですがたくさん花を咲かせました。

IMG_2428.JPG
鮮やかなニッコウキスゲ

たくさんつぼみがつぃていたので今頃はどんどん咲いているでしょう。

IMG_2430.JPG
マーガレット

タンポポがすっかり終わった後に咲くのはマーガレット。
何でもない花だけれど楽しい気分にさせてくれます。

nice!(0)  コメント(0) 

飯縄山 〜 10年ぶりの登山 2014年5月19日 〜 [信州]

北信五岳の一つである飯綱山は、家の近くにありその優美な姿はどこからでも見えるのですが、登ったことはありません。
登山は、これまでの人生の経験の中では「大きらい」の部類に入ります。
中、高校生の頃に、強制的に登らされた経験が「登山嫌い」というトラウマになっている感じです。

(山を眺めるのはとても好きで、山が見えないとすごく物足りないのですが。)

さて、急に飯縄山に登ってみようと思い立ち(小学生でも登れ、2時間半くらいと聞いて)、ついに10年ぶりくらいに山登りをしました。

IMG_2254.JPG登山道入り口

IMG_2169.JPG
スタートです。スティックをついてゆっくり登り始めると、後ろから若い女性が「こんにちは!」と挨拶をし走り去って行きました。まるで忍者のよう!

IMG_2167.JPGオオカメノキIMG_2171.JPGミツバツツジIMG_2176.JPGイワカガミ

IMG_2178.JPG
20分も登るともう眼下に大座法師池が見えてきました。IMG_2182.JPG

IMG_2186.JPG恵みの岩清水

IMG_2189.JPG
気持ちがいい登山道

IMG_2194.JPG
「ここで休憩してね」という感じの場所です。IMG_2202.JPG
アルプスが良く見えてきました。東の方向には富士山も見えます。

IMG_2208.JPG
IMG_2211.JPG

IMG_2244.JPG
頂上まであと10分

IMG_2217.JPG
頂上付近にはまだ雪が残っていました。IMG_2223.JPG
尾根を歩いて行きます。


IMG_2227.JPG
すぐ近くにそそり立つ山なみ

IMG_2231.JPG
IMG_2243.JPG
頂上、標高1917mです。高低差800mを登ったことになります。


IMG_2230.JPGIMG_2238.JPG
ぐるりと360度の展望は素晴らしく、地球は丸いなあ!と感じました。
よく飯縄山に登っているという人が、「晩秋が一番きれいだよ。春は霞がかかってしまうから少しぼんやりして見える。」と言っていました。
アルプスも富士山も日本海の佐渡島も見えてしまうとはすごいです。

IMG_2242.JPG
山の中腹ではツツドリが、頂上付近はウグイスがさかんに鳴いていて、ウグイスはあまり人を恐れず平気で姿を見せていました。木のてっぺんにいたのはホシガラス。双眼鏡で見るとけっこうかわいい姿でした。

IMG_2250.JPG
要所要所で法螺貝を吹きお経を唱えながらやって来る山伏姿の修行僧の方の姿が木立の合間から見えました。

写真を撮りながらゆっくり登ったので3時間かかりました。ハアハアするかと思ったらゆっくり登ったおかげで何ともなく、これなら毎月でも登れるな、と思ったのですが・・。

問題は下り道。かなりの勾配でむき出しの岩や石がごろごろしている所もあり、下り始めて20分もしないうちに膝が痛みはじめたため(若いときに膝を痛めているので)、膝をかばいながら登ったときと同じくらいの時間をかけてノロノロ降りるはめに。
それと、せっかくの山登りというのに、飲み物以外何も持っていかなかったことが残念。山頂でおにぎりを食べたかった!と悔やまれます。

nice!(0)  コメント(2) 

飯綱高原 〜 FOREST MUSEUM [信州]

5月17日
新緑の爽やかな季節になりました。飯綱高原はまだところどころ山桜が咲いています。
大座法師池の近くの森林博物館 ( FOREST MUSEUM )に行きました。
建物のない博物館で、静かで大変美しい所でした。
こういう風景はスイスやフィンランドなどヨーロッパを思わせますが、実際はヨーロッパの森林よりずっときれいだと思います。木の種類が圧倒的に多く自然の植生が保たれているためです。
また、鳥のさえずりがこんなに賑やかに聞ける場所はめったにありません。


柳沢池
IMG_2117.jpg
「静謐」という言葉がぴったりの池。
IMG_2120.jpg回りのカラマツ林

FOREST MUSEUM の案内板
IMG_2123.jpg


ハンノキ林
IMG_2126.jpg
IMG_2128.jpg
IMG_2130.jpg
IMG_2133.jpgドイツトウヒの木

木道もいいけど回りの地面が落ち葉でフカフカで気持ちがいいです。


白樺の林
IMG_2125.jpg
IMG_2135.jpg
IMG_2140.jpg

童話に出てくる風景、という感じです。
「熊出没注意」の看板がありましたが、童話のクマの家があって、クマさんが作ったスープが置いてありそうな雰囲気でした。


nice!(0)  コメント(4) 

谷厳寺の桜 [信州]

4月26日
IMG_1928.JPG

中野市北部にある谷厳寺の桜。
4月下旬、市内の桜はほとんど終わっていたけれど、谷厳寺は高社山の麓(回りは畑、所々に林、遠くには山々が見え、というのどかな場所)にあるので、26日はまだ満開。これでもかという桜の花の咲きほこりよう。

IMG_1884.JPG
IMG_1891.JPG
IMG_1901.JPG
IMG_1903.JPG

4月28日
花びらがひらひら舞い落ち、散りかけた桜が地面をおおい、さらに風情が増していた。

IMG_1960.JPG
IMG_1956.JPG
IMG_1974.JPG
IMG_1982.JPG

田んぼではカエルのケロッ、ケロッという声がにぎやかでうっとり・・。
都会では味わえない花見。
nice!(0)  コメント(0) 

3月の飯綱 [信州]

3月に入ってもまだまだ寒さは厳しく、夕方から朝にかけては氷点下の日が続きます。
鳥たちの方は一足早く春を感じとるのか、にぎやかになってきました。

(写真は3月2日撮影)
シメ
IMG_1703.jpg
IMG_1706.jpg
ここでは初めて見かけました。
カラ類と比べると大きい。餌台に座っているとシジュウカラなどお馴染みさんが近づけません。

シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ
IMG_1613.jpgIMG_1619.jpg

IMG_1635.jpgIMG_1656.jpg


カケス
IMG_1646.jpg
IMG_1645.jpg
カケスはカラスに近い大きさ。けっこう臆病で人影を見るとサッと飛び立ってしまいます。羽の青色がきれいで頭の白と黒の模様がユーモラス。
頭が良く人に飼われると言葉を覚えるそうです。

カラ類もシメもカケスも、スズメ目(Passeriformes)で、
カケスは、鳥網>スズメ目>カラス科>カケス属、となります。
鳥類の約1万0400種のうち半分以上の約6200種がスズメ目に含まれるそうですが、スズメが目の名前になっているのが面白いです。
ちなみに犬や猫やトラ、ライオンなどは、すべてネコ目です。


nice!(0)  コメント(0) 

雪遊び [信州]

116.jpg
あけましておめでとうございます。

せっかくの雪なので大きな雪だるまを作りました。
「大作ですね〜。」とほめられました。
やはり雪があったら雪だるま作るもんだな〜と思いました。雪だるまって、厳しい冬の突き刺すような寒さ冷たさを、ちょっと和らげてくれから不思議です。

雪だるまの目は、昔はタドンというものがあったけれどそれに代わるものがなかったので、リンゴを薄く輪切りにして付けました。
数日後、目がなくなっていました・・。多分、カケス君が持っていったかな、と思います。

067.jpg1428.jpg
「かまくら」も作りました。
かまくらの上はすべり台になっています。

IMGP3033.jpg051.jpg
かまくらの中から外を見るとこんな感じ。
大人が三人ぐらい入れます。シートを敷いて入ってみると中は暖かい。
さすが、かまくらだな〜と感心しました。

イヌイットの人たちが作る「イグルー」という雪の家は半球形で、かまくらはそのミニチュア版みたいなもの。
雪はとても断熱性の高い素材で、外の冷たい空気を遮断してくれるのだそうです。「イグルー」の中はアザラシの毛皮が張られていて、これで、断熱性、保温性もさらに高くなるそうです。
かまくらの中はビニールシートを二枚敷いたのですがそれでも十分暖かいと感じました。これで毛皮でもあったら完璧な家になりそうです。


0009.jpg0188.jpg
犬はよろこび庭かけめぐり・・馬も駆ける!
子供、犬、馬には共通点がありますね〜。

1499.jpg
こんなに小さくても雪は平気。
さすがに気温が低いと野鳥も省エネをしているのか、朝は9時半ぐらいまでどこかでジッとしているらしく、10時になるとにぎやかになり、2時頃まで10数羽のカラ群が餌台の近くをブンブンと、まるで遊んでいるみたいに飛び回り、午後早くにどこかへ帰っていきます。

nice!(0)  コメント(3) 

冬の楽しみ [信州]

IMGP2848.jpg12月29日

今日の飯綱は晴れ。
予報では曇りか雨で、これからの数日間は曇り時々雪、が続くというので少しがっかりしていたけれど、気持ちよく晴れました。午後、長野市街に降りたら下界は曇っていて、山の上だけうまい具合に晴れてくれたようです。

冬は何といっても雪との格闘が大変。
今年は、例年より二週間も早い12月9日頃から大雪に見舞われてしまい、除雪車も急な雪には間に合わなかったようで、家の前の道路はとても人が歩けるような状態ではなく、あたふたと雪かきにおわれました。

12月末からは本格的な雪シーズンです。
雪は生活するうえで非常にやっかいで、大きな負担になるけれど、その代わり雪の風景を楽しめます。
夕方から朝にかけて毎日のようにひらひらと雪が舞い落ちるので、いつも新しい銀世界。
雪が降りしきるモノトーンの風景はしんとして美しく、また晴れた日には、白く輝く山野原とコントラストをなす真っ青な空に気分が昂揚します。

それから夜の星空・・・
星空を楽しむのは何といっても冬です。空気が冷たく澄みきって、肉眼で見える星が多く、上空の空気の流れが強いためどの星もぎらぎらとまたたいて大きく見えます。

12月14日の23時頃、<ふたご座流星群が見える日>だと思い出し、厳重にコート、マフラーで身を覆い外に出てみました。
急な雪で毎日足元ばかり見ていたし、夕方から朝にかけていつも雪が降り続いていたので、星空のことをすっかり忘れていました。
外に出て空を見上げたら、14日は雪がやみ、きれいな星空でした。
樹の間からぎらぎらとこぼれるように光っている星たちは、なぜか、生命を持ったもののような感じがあります。

すぐに目につくのはすばる。小さな星の固まりが、ぎらぎら輝く星の中では、かえって目を惹きます。
そのすぐ斜め下に(南に)アルデバランが、とても大きく見える。
ぎょしゃ座、オリオンやカシオペアなど一通り眺め、流星群はどこらへんに見えるのだろうと、目を凝らしていると、真上ではなく目の端の方に、かすかな光の流れを感じました。
西の方に向き直って見ていたら、大きな流れ星。。

まるですーっと花火が落ちていくような流れ星。「ハウルの城」で流れ星がピューン、ピューンと地面に落ちてくるシーンがあるけれど、それと同じでした。
落ちる間隔は2,3分くらい。
30分くらい眺めていると、さすがに身体が冷え(マイナス3度くらいでした)、首も痛くなり、観測終了。15個くらいの流れ星を見られて満足しました。

さらに、冬の楽しみの一つであるのが、野鳥が身近になること。
野鳥の姿は、葉が生い茂っている頃より、葉を落とした冬が一番良くみえます。
餌台にヒマワリを置いて置けば、朝昼夕とカラ類がひっきりなしにやってきます。
寒い中、窓からヒマワリをのせた手を出していると、手のひらにちょんと停まり、さ〜っとヒマワリをくわえていきます。

手の上にすぐに来るのはコガラ、続いて、ゴジュウカラ、ヤマガラ。シジュウカラはかなり慎重のようです。コガラはカラ類の中では一番小さく、家に来るコガラは特に小さいみたいで、とても軽く、手のひらに感じる軽さで、あ、いつものコガラ君だな、とわかります。
ただヒマワリをついばむだけでなく、私の指を両足でギュッとはさむのでどうしたのかと思って見たら、指の上でヒマワリを割っているのでした。(カラ類はヒマワリを両足でしっかり餅くちばしで殻を割って中身を食べます。これをベランダでやられると、朝からコンコンコン、とかなりの音で目が覚めます。)

鳥たちは餌を取り囲んで一緒に食べるということはなく、一羽が飛び去るのを待って次のがサッと来る、それが飛び去ると樹の枝からサ〜ッと次のが舞い降りるという感じです。
小さいながらも縄張りやら優劣やらいろいろ気を遣っているようで・・・

小鳥の近くにいると羽ばたきが巻き起こす風はかなりのものです。

IMG_0009.jpg 手前がシジュウカラ、後ろがコガラ

コガラ君は他の鳥がいてもすぐには逃げず「ここに居ていいのかな・・?いいんだよね・・」とおっとりしている風で、とても可愛いのです。

nice!(1)  コメント(0) 

夏の収穫 [信州]

今年もベリーがたくさん実をつけました。(8月11日)
去年よりは一週間くらい遅くやっと食べられるほどに熟しました。
図鑑で調べるとこれはクマイチゴのようです。

<クマイチゴ; 平地から高い山まで、日当りの良い所では1〜2mに直立し、群生する。葉は厚く、大きく、3〜5の切れ込みがある。茎には細かなとげ。実は2cmほど暗赤色に熟し酸味がきいた甘みが爽やか>(『野外探検大図鑑』小学館)

葉っぱの見分けがちょっとむずかしくてひっかかるのですが・・。
実が暗赤色になるとぽろっと取れて、甘酸っぱく、そのまま食べても美味しいし、ジャムにしてもいいです。

IMGP2014.jpg
IMGP2008.jpg
IMGP2023.jpg眺めているだけで楽しい。
IMGP2067.jpg完成品


畑作りをやったことは一度もないのですが、古くなったジャガイモが芽を出していたので、半分に切り、切った面に灰をぬって(腐らないようにするためらしいです)、そのまま土に埋めておいたら、2週間後にりっぱな葉と茎に成長し、さらに二週間後には茎の根元にかわいいジャガイモがころがっていました。
何にもしなくても収穫できるとは、ジャガイモって凄いやつ!

P1000260.jpg
IMGP1930.jpg
IMGP1929.jpg


さて、いろいろなジャムの中で最近一番気に入っているのはルバーブのジャム。これがスーパーではあまり売っていないし、他のジャムに比べ値段も2倍します。
たまたま野菜直売所に行ったらルバーブを売っていました。作り方を聞いてみると、これがすごく簡単そうなので、自分で作ってみました。
ふきのような茎を小さく切ってしばらく砂糖に浸けて、水気が出てきたらそのまま煮る、だけでした。
一束100円のルバーブで、ビン2個のルバーブジャムができました!
もっと作ろうと思い、また回に出かけたら今年はもうあれで終わり、とのこと。
ルバーブが出回るのは6月から7月にかけてだそうです。

IMGP1856.jpg

こんなに簡単にできるのになぜ高いのか不思議?

nice!(0)  コメント(0) 

どんどん緑色に [信州]

IMGP0133.jpg幻想的な緑のベール

今年は4月になっても寒い日が続き、関東地方でも安行の早咲き桜がなかなか咲かず、ソメイヨシノと重なるように咲きました。
ところが高原のヤマザクラは昨年の満開が5月20日だったのに、今年は去年より一週間早く15日頃に咲き、20日はもう散りかけていました。
高原は春の訪れは遅いけどいったん暖かくなれば一気に山林の様相が変わっていきます。

飯綱山の山麓に広がる大谷地湿原の水芭蕉は5月はじめはまだほんのちょっと咲き始めたばかりだったのに、2週間経って行ってみるともう花は終わっていて大きな葉っぱばかり、という変貌ぶりです。

P1000082.jpg5月10日
IMGP0132.jpg5月24日


この湿原の遊歩道は大変気持ちが良い場所、周りの湿原ではオオヨシキリがギョギョシ、ギョギョシとやかましく鳴き交わして春を謳歌。
IMGP0142.jpg

リュウキンカ、ニリンソウが咲き乱れていました。
IMGP0146.jpgニリンソウ

「春の雨 大地に緑を 撒いてゆき」 (功童)
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。