So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ナガノ・チェンバー・オーケストラ第4回定期演奏会(7月覚え書き) [音楽]

2017年7月15日(土)15:00〜 長野市芸術館にて

<ナガノ・チェンバー・オーケストラ第4回定期演奏会>

指揮:久石 譲  / ピアノ:横山 幸雄

(第1部)
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調「皇帝」
      第1楽章:アレグロ
      第2楽章:アダージョ・ウン・ポーコ・モッソ
      第3楽章:ロンド、アレグロ

アンコール:ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章

(第2部)
ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 「運命」
      第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
      第2楽章:アンダンテ・コン・モート
      第3楽章:アレグロ
      第4楽章:アレグロ


ベートーヴェンの交響曲5番、CDで聴くことはあっても、コンサートで聴くのは以外と少ない。

ベートーヴェンと言えば、2004年、2005年の岩城宏之指揮の年末のベートーヴェン全曲コンサートが思い出される。
12月31日に上野の東京文化会館でベートーヴェンの交響曲全曲コンサートが開かれた。
午後の2時くらいから始まって深夜0時過ぎ(翌年の元旦)まで続く。
9の交響曲のうちの一つか二つをパスして食事をしたりした。
でも指揮者の岩城宏之氏もオーケストラ団員もぶっとおして演奏するのだから、どうかしているように思えたけれど、これを聴くと、正月3ヶ日の間はずっとベートーヴェンが頭に鳴り響いていて、たいくつで凡庸な正月もしのぎやすくなった。

それから、2008年にサントリーホールで聴いたサイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルで聴いた交響曲第6番「田園」。こんな演奏を聴くのは一生に一度かな、というコンサートだった。


今回は、指揮が久石譲、演奏がナガノ・チェンバー・オーケストラ。
ナガノ・チェンバー・オーケストラは、2016年に発足。(国内の主要オーケストラ団員やソロ活動をしている若手演奏家で構成される)

冒頭に、演奏された、久石譲;5th Dimennsionは、
ベートーヴェンの交響曲第5番をモチーフに作曲されたミニマル作品。
これから何か始まるぞ、というわくわく感をかきたてられる演奏だった。

一部のベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」は、
横山幸雄のピアノが素晴らしく、「何という名曲か!」と、演奏にもベートーヴェンにも、深い尊敬の念が。。
一緒に行った3人が横山幸雄のCDを買って帰った。CD買うのは本当に久しぶりだった。。

二部の交響曲第5番「運命」は、あまりにも有名なので、音楽番組やCDでいろいろな演奏を聴くことが多く、その度に演奏の違いを楽しめる。細部まで馴染みがある曲というのは、そういう所が面白い。
オーケストラの奏でる音が身体に響いてきて、
ベートーヴェンはやはり生で聴かないとな〜、と改めて感じたコンサートだった。

7月17日には、ナガノ・チェンバー・オーケストラの第5回定期演奏会でヴィヴァルディとベートーヴェン交響曲第6番が演奏され(行けなかったけれど)、
第7番、第8番、第9番は、2018年の定期演奏会で演奏される予定です。




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。