So-net無料ブログ作成

5月のコンサート覚え書き(1) [音楽]

5月22日(火)19:00〜  浜離宮朝日ホール

   【マクサンス・ラリューの軌跡〜愛弟子とともに〜 】

       出演:マクサンス・ラリュー(フルート)
          東條茂子(フルート)清水和高(フルート)
          中野振一郎(チェンバロ)鷲宮美幸(ピアノ)

IMG_2319.jpg

<プログラム>

J-M.ルクレール:音楽の愉しみ  第2番
            (ラリュー・東條・中野)

J.J.クヴァンツ:トリオソナタ ハ短調 QV2:Anh.5
(ラリュー・清水・中野)

J-M.ルクレール:フルートソナタ ホ短調op.2-1
(ラリュー・中野)

F.ドップラー:『夢遊病の女』
    アデリーナ・パッティの思い出によるパラフレーズ 作品42

(ラリュー・清水・鷲宮)

W.F.バッハ:2本のフルートのためのソナタ ホ短調 BR-WFB B1/FK54
(東條・清水)

T.ベーム:メンデルスゾーンとラハナーによる3つの二重奏曲 作品43
(ラリュー・東條・鷲宮)

W.A.モーツァルト:アンダンテ ハ長調 K.315
ロンド ニ長調 K.373(Anh.184)
            (ラリュー・鷲宮)

F.クーラウ:トリオ ト短調 作品13-2
            (ラリュー・清水・東條)

ラリュー先生、84歳のコンサートでした。
2016年10月のコンサートでも、少しも衰えのないラリューの輝かしいフルートの響きに驚嘆しましたが、今回も。。。

名人というのはこうなのか、と思う神々しさ。
音色がどう、テクニックがどう、というのを超越して、
まるで普通におしゃべりでもしているような演奏。
演奏というより、ただ呼吸しているかのごとく。

そしてコンサートのプログラムが進むほどに、ますますフルートは美しさを増し、鳴り響き・・・
最後のモーツアルトへ。

マクサンス・ラリューの演奏を語る言葉なし。
とてもとても素晴らしいコンサートでした!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。